本文へスキップ
いいね!葉山!

政策Policies


◆ 行財政の抜本的改革

◆ 福祉・防災
◆ 快適な暮らしと安全・安心の追及
◆ まちづくり・活性化
◆ ペットとの暮らし

半径5キロ圏内の地元住民の利便性を充足しつつ、都心における葉山ブランドを発展させ、都心からの集客マーケットを狙った、葉山ならではの「暮らしの街」を演出した戦略的な経済政策。

町の活性化=商業強化=観光強化
葉山は湘南の周辺地域と比較して商業的に未発達な地域で、葉山だけではマーケット規模は小さいですが、周辺地域全体として見れば十分な地場マーケットがあります。また観光地としては『誰でも知ってる、湘南・葉山』で、これだけのブランド力を持った観光地はそうそうありません。

首都東京・副都市横浜が至近であることから、観光地としてのマーケッタビリティーは国内最大級と言えるでしょう。
ですから、地元と観光を一体とし、葉山ならではの『暮らしの街』を演出したイメージはきっと成功します!

例えば、葉山全体をモールとした出店誘致などの起業を後押し、交通インフラ整備、etc....
目的実現には大きなプロジェクトにしなければなりません。

観光事業を強化することと、暮らしの利便性を向上することは同一のこととして扱えます。
騒がしい街にしようとするのではありません!
葉山らしい素敵な街並みを、もっともっと素敵にするための施策です。
人口が少なく、地元客だけではこれ以上の集客は望めませんし、そうしたら出店もこれ以上見込めないわけです。
お客さんが来ない場所に出店するビジネスマンはいません!
外から呼び寄せられる魅力を持つのです!
そして、それはこの町で暮らす住民の方にとっても、素敵な暮らしに結びつくことは間違いありません!

景観維持
葉山町最大の魅力は「景観」です。
その景観を守ること、もっと良くすることは、葉山の資源をのばす重要な施策です!
そのためには時としてルールの修正も行うなど、積極的なアプローチを考えていかなければなりません。
町民にとって価値ある開発とはなにか、いま、本当に問われている課題は「景観」の持つポテンシャルを活かすことではないでしょうか!

「いいや!いいね!葉山事務所」

〒240-0112
神奈川県三浦郡葉山町堀内934-3

TEL 080-3027-1920