新型コロナウィルス関連・町の相談窓口対応 ~令和2年 第1回定例会 総括質問~

新型コロナウイルスの本部を設置するというお話いただきまして、もうインフルエンザは非常に大流行している中で、インフルエンザなのかコロナウイルスなのかという、病院に行ったらインフルエンザではないというふうな判断がされて、今までは一般的なただの風邪なんだなと思っていた方々も、ひょっとしたらこれはコロナウイルスかもしれないと。余り肺炎にまで重篤にまではならない。ただ潜伏期間も非常に長いですし、もう今、感染経路がわからないコロナウイルスの患者の方もそこらじゅうに出てきている状況の中で、今この段階でも、町内で罹患されている方がいても不思議ではない状況だなと思います。そうした中で、本部を設置して、ニュースなんかで見ると、東京都とか北海道とか県が主に個々の自治体ではなくて対応しているという感じなのかなと思うんですが、情報を発信するというのは、町としていろいろ医療機関等から入ってきた情報を発信していくというのはいいんですが、きのう、本部を設置するというのを拝見して、一方で住民の方からの相談窓口みたいなものは、これはどこなのかなと。こういう本部設置しますよというふうになると、あそこに相談にやってくるのではないかなという、ふと思いました。町としての相談窓口みたいなものの設置というのはどういうふうにお考えか、お伺いしておきます。


○福祉部長(仲野美幸君) 現段階では、町が特別な相談窓口というのは設けておりません。コロナウイルスの疑いがあるとか、そのことで相談があった場合にはですね、県が主導になりますので、この地域では鎌倉保健福祉事務所のほうを選択することになっておりますので、相談者の方についてはその電話番号等をお知らせしているところでございます。


○1番(飯山直樹君) 当然、門前払いという形ではなくて鎌倉の保健所に回すと、回すというか、そちらに連絡してくださいという対応になるということで理解いたしました。恐らく、本部設置しましたよというのを見ると、私は単純に、ここに相談するのかなというように感じましたので、そういう方々がこれから結構出てくるのではないかなと思いますので、対応をしっかりしていただきたいと思います。