町長施政方針提供のタイミング ~令和2年 第1回定例会~

施政方針なんですが、これは毎度毎度、もう少し早く出してもらいたいということを申し上げておりますが、大体、この総括質問なり検討を始めるのは、当然予算の内示が出たら早々に始めていくというふうに、私だけでなくて皆さんそうだと思うんですが。普通、施政方針は当然、予算組み立てる段階では、もうできているのは当然だと思いますし、町長はもう当然そういうふうにやって、後から最後に文言を細かくつくっていくという作業をやられているんだと思うんですが、できれば、予算の内示が出すときには、この施政方針を出していただきたいかと思うんですが、来年、施政方針どうでしょうか、内示のときに出していただくというお約束をいただきたいんですが、いかがでしょうか。


○町長(山梨崇仁君) 施政方針、葉山町の年度の方針としてホームページ等にも広く公表をしていくものでございまして、文言の確定には全部局のチェック等もですね、何度も重ねているところがございます。確かにおっしゃるとおり、年末にはですね、予算の編成の方針という形で施政方針の前提となるものを発信をして、私からも、テーマ等についても各部長を通じてだったりとかしながらお伝えをしていくんですけれども、そういったものは固まってはいるんですが、それを文章化するのにですね、やはり時間がかかってしまっているのが現状にあります。以前、当日に、本会議の初日に配付をしたところ、もう少し早くということで前日、今回は休みもありましたので、休みのさらに前の日ということで早めたんですけども、私の個人的な1月のなかなか机に向かう時間がないという個人的な事情もあってですね、大変申しわけなく思うんですけども、なるべく早くするようには努力はしてはいるつもりでございます。内示となると、かなり日程が早まりますので、来年に向けた努力の一つとしてですね、御意見を承りたいと思います。


○1番(飯山直樹君) こちら側と言ってしまうと申しわけないんですが、総括質問を考えていく段階で、予算が内示が出ても、非常にこちらもタイトでやっていて、最後に施政方針が出ると、ああ、こういうことだったんだなということが、またそこからいろいろ質問を考えていくということになってしまうのでですね、できるだけ努力目標としてお願いしたいと思います。