まちづくり・インフラ

「街の暮らし」を実現することが目標です!

葉山には駅がなく、生活の利便性は良くありません。
「葉山は交通も不便で田舎なところが良い」とのコメントを聞きますが、私はそうは思いません。
利便性は良いにこしたことがないはずです!
湘南は文化があり、都心同様の暮らしが出来る利便性があるからこそ、憧れの海辺ライフができる街だと思ってます。
この町で街の暮らしができるよう、より便利で豊かな暮らしができるよう取組みます。

まずは、交通・産業を一体としたインフラの整備です。
交通インフラについては葉山町はバス便しかありませんし、道が狭く、特に海沿いは季節を問わずひどい渋滞で、逗子駅まで行くのに1時間近くかかってしまうことが頻繁にあります。
最近は「女子旅」による利用者増でバスに乗れないことが頻繁に起きてます。
まずはオンタイムで物事が進むよう便を増やす、迂回ルート便を増やす、信号が変わるタイミングを延ばす、など手を尽くして緊急対応していきます。
最終的には交通インフラ整備を視野に入れて取り組んでまいります。

その上で、産業を中心とした町の活性化=観光強化に取り組みます。
葉山は湘南の周辺地域と比較して商業的に未発達な地域で、葉山だけではマーケット規模は小さいですが、周辺地域全体として見れば十分な地場マーケットがあります。
また観光地としては『誰でも知ってる、湘南・葉山』で、これだけのブランド力を持った観光地は希少です。
首都東京・副都市横浜・観光地鎌倉が至近であることから、観光地としての潜在力は大きいといえます。
葉山ならではの『暮らしの街』を演出した産業活性化を後押ししていきます!

また、葉山町最大の魅力は「景観」です。
景観の改善は重要な施策ですので、ルールの修正も行うなど積極的なアプローチを提案していきます。