本文へスキップ
いいね!葉山!

プロフィールprofile

葉山のお気楽生活を心底愛する、経営 / 経済学者 / 音楽屋 / サーファー / 釣り人

学歴

横須賀市立鷹取小学校・中学校 卒業
1986年:逗子開成高校卒業
1991年:日本獣医生命科学大学 卒業
1993年:明治大学大学院 農学研究科 修了 (農学修士号取得)
1999年:英国国立 ウェールズ大学カーディッフビジネススクール MBA 修了 (MBA取得)
2005年:埼玉大学大学院 経済科学研究科博士課程 修了 (経済学博士号取得


取得学位
経済学博士
MBA(経営学修士)
農学修士
農学士


職歴
1993年〜1996年:協同乳業(株) 研究開発部
2000年〜2001年:国際キャピタル(株) 投資コンサルティング部 ベンチャーキャピタリスト
2001年〜2004年:あおぞら銀行(株) 企業投資部 ベンチャーキャピタリスト・部長代理
2004年〜2010年:日本ベンチャーキャピタル(株) 投資部 ベンチャーキャピタルパートナー
(2006年〜2010年:(株)ルーペ 代表取締役を兼任)
2011年〜現在: 介護事業会社等の経営

主な経歴
先端バイオテクノロジーの研究者として研究に従事した後、28歳で最初のベンチャーを起業ネット販売の先駆けとして成功。事業の傍らMBAを取得大手金融機関にて先端技術にフォーカスした著名キャピタリストとして、投資以外に学会等での講演、執筆、論文発表等を行う。同時に産業創出やベンチャーに関する研究により経済学博士号取得。投資先企業の役員として経営参画し、多くの企業の資金調達、IPO、M&A(事業売却)を主導。自身もネットメディア、介護事業など4社のベンチャー起業を起業し成功に導いてきている経営・経済のプロ。

趣味
音楽、サーフィン、釣り、ゴルフ、サイエンス、政治・経済、etc...

音楽は音楽教師の母と兄の影響で、5歳くらいからギターを弾いています。
以来、今に至るまでほぼ50年ほど音楽が人生の中心です。
湘南、横浜のライブバーなどで、年間50本以上のライブ活動を続けています。
近々、CDを発表する予定ですので、ぜひお聴きください!。
また素晴らしい生演奏ライブを楽しめるお店をオープンする予定です!

サーフィンは中学3年の14歳で始めてから、もう40年ちかく。
波があればたいてい大崎、稲村辺りでサーフィンしてます。
もちろんいまでもショートボードですよ!

釣はボート釣り中心。家にマイボートを保有。
名島〜江の島が主戦場です。沖で見かけたらぜひ声かけて下さい。

ゴルフは小学3年生の頃、父に連れられてはじめました。
小学校卒業の頃は、将来はプロゴルファーになりたいと思ってました。
子供の頃は、七里ヶ浜ゴルフ場か杉田ゴルフ場で練習し、葉山パブリックでコース練習してました。
中学生からは音楽が中心になりましたが、ずっと続けてます。
でも、ゴルフエルボーでギターが弾けなくなりそうなので、最近はひかえてます。

サイエンスは以前はバイオテクノロジーでしたが、最近は特に宇宙にはまってます。
もう10年もすれば宇宙誕生が解明できるかもしれませんね。
そうしたら、この世で起こるすべてが理解できるときが来るでしょう。

政治・経済はマクロでは産業創出、ベンチャー、地域産業に関する政治・経済の関連性について。
ミクロでは地方の職業政治家の誘発する社会問題と地域経済への影響に関して研究しています。

生い立ち
1967年4月20日 東京都港区で外資系金融機関の父とピアノ教師の母の次男として生まれました。

2歳の頃、川崎市から横須賀市(湘南鷹取)に移り住み、以後20年にわたり、追浜幼稚園、鷹取小学校、鷹取中学校、逗子開成高校、大学1年までは横須賀市住民として湘南鷹取で過ごしました。
子供のころは葉山は釣りと海水浴の遊び場でした。

小学校の頃から学級委員になったり、リーダー的な存在だったのかもしれません。小学生になるかならないかくらいの頃にエレキギターを手に入れてからは、音楽の虜になって行きました。
中学校の頃には友達と音楽(バンド)を始め、だんだんと音楽が中心になってきました。

中学3年の頃にはサーフィンに出会い、すぐに波乗りの虜になってしまい、音楽とサーフィンの生活がここから始まりました。
高校の頃は音楽とサーフィンの毎日です。

高校3年の時に、先生から「将来プロになるのか」と言われたことが恐らくきっかけで、音楽をやって生きてゆきたい!と思うようになりました。それからは寝ても覚めても音楽のことばかりです。

音楽とサーフィンに打ち込む傍ら、勉強の方は、先生に「これからはバイオの時代だ」と言われ、それがきっかけで生命科学の勉強をしよう!と決めました。
バイオの勉強にあこがれて日本獣医生命科学大学に進学し、音楽活動の傍ら勉強もかなり真面目に取り組みました。
大学時代は勉強、音楽、サーフィンで本当に充実した毎日を過ごせました。

大学卒業の頃には将来は研究者になることも一つの選択肢と考え、明治大学農学部の大学院に進学しました。当時の研究内容は今まさにトピックとなっている再生医療に結びつく基盤技術でした。20年以上たってようやく実用化が見えてきたので、バイオの研究は本当に時間がかかります。

大学院を修了し、大手乳業メーカーの研究開発部に所属してビジネス開発に取り組みました。そのせいでだんだんとビジネスの面白さに引き込まれて行きました。サラリーマン2年目にはすでに働きながら自分でもネットを使ったビジネスを始め、とてもうまくいったため、ますますビジネスの面白さに引き込まれてしまいました。そして、よりビジネスの知識を深めようと思い、MBAで勉強するため英国に留学しました。

イギリスでのMBAは本当に本当に大変で、人生で一番勉強したのはこの時です。大変な思いをしたおかげで、なんとかMBAを卒業することができ、ビジネスの知識を叩き込まれました。

MBAを取得し日本に帰国するときに、働き先としては金融機関の花形であるベンチャーキャピタルを選びました。
バイオテクノロジーと経営学の両方の知識を生かせると思ったからです。
ちょうどこの時、ヒトゲノムが解読されたことで、バイオのパラダイムシフトが起こりました。バイオ投資が注目されたことでまたとない活躍の場が向うからやってきた感じでした。以後10年にわたり国内外のバイオテクノロジー分野を専門とするベンチャーキャピタリストとして活躍し、多くのIPOに関与し、事業創出の最先端で活躍する機会を得られました。著名な研究者や起業家たちと一緒にバイオベンチャー経営に関する著書を作成・出版するなど、この分野では十分に業績を残すことができました。

また、ベンチャーキャピタリストとして活動する傍ら、経済学の実態研究のために大学院の博士課程にも在籍し、博士研究を行いました。働きながら博士研究を行い、3年間で400ページにもおよぶ博士論文を仕上げることは至難の業でしたが、電車の中でも博士論文を書き続け、見事に3年間で博士号を取得できました。もう一度、博士論文を書けと言われても、ぜったいに同じことはできないでしょう。

ベンチャーキャピタリストとして活躍する中で、自分でもベンチャーを立ち上げてみたいと思い始め、来る日も来る日もビジネスプランを作成しつづけ、出来上がったビジネスプランを投資家に説明して回りました。
そしてまったくのゼロステージ、つまりビジネスプランしかない状態で数億円の資金調達に成功し、いよいよキャピタリストと起業家の二足のわらじが始まりました。
ベンチャー経営は毎日が戦いです。365日24時間、それこそ頭も体もフル回転です。この時の経験は企業家としての私の土台を作りました。3年間ほとんど休まず社長として戦い続け、最後には事業売却に成功できました。紙っぺらから数億円、怒涛の社長業、事業売却と、最初から最後まで全部やった起業家はなかなかいないと思います。ベンチャーキャピタリストだったからできたことです。

起業家として3年以上怒涛のごとく戦ったので、しばらく休み、その間に深く次のことを考えました。
そして、次は社会に貢献できるようなことを仕事にしようと思い、まずは身近な社会問題・課題について知るためにオンブスマンに参加したり、自ら介護福祉を始めたりと、社会とのかかわりを持ち始めました。そして社会活動における政治自身の問題に気づきました。政治こそが問題の根源だったのです。
政治に関与すればするほど、その内部を知ればすればするほど、「これじゃぁ世の中良くならないわけだ!」、「こりゃダメだ!」、etc... 政治にあきれ、怒りの日々になって行きました。
みんなが政治に対する強烈な不信感を持っています。でも、なかなか自ら政治の世界に入って正そうとするところまでは踏み込めないものです。でも、誰かが戦う姿勢を示すことで、それがきっかけとなってみんなが動き出す可能性はあります。その先頭に立つわけでもなく、主導するわけでもなく、戦う姿勢を示すことで、きっかけになれれば良いと思って活動することにしました。

また、政治活動の傍ら、私の得意とする事業活動で社会貢献しようと、手探りで介護事業を始めました。もともと新規事業立上が私の専門ですので、当初苦労しましたが、必死に素晴らしいケアを提供し続けることで共感を得ることができ、事業は加速度的に拡大へ向かい始めています。
なによりも良かったことは、介護の現場で、高齢者の方々、ご家族、ケアマネをはじめとするサービス提供者、と直接触れ合うことで、高齢者介護の実態を知り、理解することができました。
高齢者介護のプロとして、政治の世界に反映させてゆきたいと思います。

「いいや!いいね!葉山事務所」

〒240-0112
神奈川県三浦郡葉山町堀内934-3

TEL 080-3027-1920

copyright© Dr. Naoki IIYAMA, all rights reserved.